ドキュメント乳癌・・・・・ 現在の日にちです。
ドキュメント乳癌(乳がん)最新緊急!! 2014.8.7
A.抗ガン剤医療

船瀬俊介氏『抗がん剤で殺される?薬は毒?』
 2014.8.7
抗がん剤で早死にし殺されていたのだと思うと悔やんでも悔やみ切れません


■抗がん剤・放射線で早死にさせている!?
    NHK教育TVは癌に抗ガン剤・放射線を進めていた!!
 
    NHK教育TVの癌放送を信じていました。
    NHK教育TVで早死にしてしまいました。
 2014.7.30
 親戚及び近親者を癌で亡くしました。抗がん剤・放射線投与し全く効きませんでした。
しかしガン細胞は一時的に消えましたが、他の臓器も消えていたようで、その後まもなく
特に痛みなど無かったのですから、半日ドックで乳ガン検診さえしていなかったら、たとえ
乳ガンであっても、知らずに生活をしていれば自然に消えたかもしれないし、もっともっと
長生きしていたと思います。
 船瀬さんのお話をもう少し「早く聞いていれば」と悔やんでます。
 15年前頃にはNHKの教育テレビで、癌には「抗ガン剤」と「放射線」の二つがあると連日
医者が出演して放送していたので信じていました。NHKに早死にさせられてしまいました。
 船瀬さん、これからも医療マフィアと闘ってください応援してます。今の医療は間違っている
と思いました。
 半日ドックの癌検診で見つかる癌は「がんもどき」なのに患者にすぐ手術して抗ガン剤を
投与し、放射線を照射して早死にさせているように思います。
 私の知人も近親者も多くが、手術して、抗がん剤して早死にして殺されていたのだと思うと
悔やんでも悔やみ切れません。船瀬さん宇野さん、コシミズさんらの話は、本当だと思います。


癌ビジネス
  https://www.youtube.com/watch?v=2kVyVklxXM4
抗ガン剤で殺される 船瀬俊介氏 証拠証言集42
  https://www.youtube.com/watch?v=dG8Ow7K4Mas
船瀬俊介氏『抗がん剤で殺される?薬って毒なの?』ダイジェスト版
  https://www.youtube.com/watch?v=sDoLCJWf1Vc
地球維新 vol.1 ベンジャミン・フルフォード No.1
  https://www.youtube.com/watch?v=aRJ02-2Vw9c
「メタボの暴走」船瀬俊介氏 ワールド・フォーラム2008年6月
  
https://www.youtube.com/watch?v=p2QN3_NXlTs



以下は2003年に書いた物です。

 抗がん剤その
  抗がん剤服用1ヶ月と職場復帰 2003,10,30より

現在女性の乳癌は、20人に1人患者が発生していると言われています。
 現在の人間ドックや通常の乳癌検診では発見されないので大問題となっています。
 マンモグラフなどによる検診方法の早急な対策が必要でしょう。
 この
私の乳癌記録(特別手記)は、乳癌を体験された方が毎日記録された手記です。
  乳癌にも色々な段階や種類によって治療方法も様々ですが日本の最新設備が整った
 超一流の総合病院の名医と言われる医者の診断を受けた患者の手記です。
1、乳癌その1 2、乳癌その2 3、乳癌その3 4、放射線科  5、抗がん剤その1 6、抗がん剤その2 
7、抗がん剤その3
8、リハビリ
9、転移その1  10、転移その2  11.転移その3
 
つづき乳癌その5 あなたは 番目の訪問者です!     

2003
10、30
  (木)

術後
 18週目
3週間ぶりの診察。聞きたいことがいっぱい。しゃべりたい事、聞いて欲しい事がいっぱい。・・・待っている方には申し訳ないのですが、気持ちはみなさんお解りだと思うんです。(だからいつまででも待っていられるというものです。次回は気をつけます。)・・・でも、10個近い質問などにしっかり答えていただきました。長くなった首がちゃんと元にもどった。しあわせ!!

(・・・気のせいか今日の先生はパリッとしていたなあ。男の50代は仕事に一番のってるしね、夫をみてても楽しそうだし・・・。あーーあ、女はくたびれるだけ。男はいぶし銀のごとくいい輝きを出してくるんや。・・・わても輝くぞお!!)

PETとMRIの検査では、
脳に関しては、MRIの方がより見つけ易いということで、予約を入れていただいた。乳癌の手術後は子宮に転移し易いということで、ヒスロンがホルモン療法ならちょっと怖いということを伝えた。そこで今日は抗がん剤のCEFーCyclophosphamide(シクロフォスファミド/商品名エンドキサン)、Epirubicin(エピルビシン/商品名ファルモルビシン)、5-FU(ファイブエフユー)ーのうち、エンドキサンとフルツロンをもらった。(明日は仏滅なので今夜から飲むことにした)様子をみていきましょうということであった。放射線照射で色々な症状の情報を得ていたので、薬が合わない時予約も入れてない場合の方法を確認した。個人病院と違うのでここがとっても心配。私の主治医は大学病院の厚ーーーい壁を透明人間のごとくサッと通る魔法を持った方。「そんな時は来たらいいよ」と言っていただけるだけで、安心。言っていただくと、なるべく行かないで迷惑かけんとこって思うもん。言っていただかないと、私の場合はパニックになってしまって、大騒ぎになっちまうから。ほっ!!!しかし、やっと抗がん剤まで行き着いた感じ。もう早く来るものは来て欲しい。副作用、来るなら来てみろ!!ってな感じだけど、オッソロしい!

・・・抗がん剤があっさりと手に入ったのには、拍子抜けしてしまった。電車の中では乗客の鞄の中に何が入っているのかなあとフト思った。私のバッグには世に恐れられている抗がん剤が入ってんねんで。同じ薬を持っているヒトもいるかも・・・ラブレターを入れているヒトもいるやろ・・・リストラされた辞令書を入れているヒトもいるかも・・・。人生いろいろ。私にとって意味のある日でも他人にはどうでもよい日。人生ってこんなもんや。

前回の診察の前に採血をした結果を聞いた。
CEA1,0(正常値2,5)私の資料では他器官の癌などの反応がみられるようだ。CA15−38,7(正常値30)乳癌の再発に反応がみられるみたい。TPA25(正常値70)他器官の癌などに反応するようや。NCC−ST−4391,0ミマン(7)乳癌によく反応するようだ。ICTP4,1(4,5)骨への反応がみられるらしい。
一応再発も転移もみられず、
合格のようだ。

この冬はしっかり身体を温めた方がいいみたい。

今後は3ヶ月に1回の診察になるらしい。抗がん剤の話が出てから病院から逃げるように職場復帰をすることにしたんだけど、何か不安や!!こんなんで癌を見張れるんかなァ。一応2週間後に経口の抗がん剤を服用した経過をみていただけるので、安心なんだけど・・・。あーーあ、病院や主治医からの自立はできんわ!怖い、何かしら・・・。やっぱり再発や転移というリスクを背負った癌患者にとっては喜べないものがある。不安だらけや。予防医学を早く進めてほしい!!

食後抗がん剤の服用を忘れていたので、PM9:00に食べなおして服用。胸がどっきんどっきんした。
18回目の診察日
 診察料410円
抗がん剤の料金
  7700円


ろくろっ首になってしまった3週間ぶりの診察
















腫瘍マーカー







再発や転移は防げるのか!?



10、31
   (金)
AM8:00過ぎに服用。ただし、一方の職場に朝車で行くのでフルツロンは1カプセルにし、残りは昼に服用(PM2:00)。これでいいのか解らないが・・・。だって、服用しなくても再発転移しないであろうヒトも多いんだし・・・。

ついでに職場巡りをしてきた。二つの職場と前の職場の三つ。何にも変わらない・・・。私だけが変わった。・・・もういいねん。

PM3:30より4:00まで4回腹痛と下痢。怖くなった。きついなあ。薬局からでてる薬の作用という説明では両方の抗がん剤共腹痛と下痢がトップの方に書かれてあるので覚悟はしていたけど・・・。これなら抜髪も予想できる。こわァー!!

PM8:50に夕食後薬を服用。さて、どんな事がおきるのか・・・。
もう寝ますわ。
副作用の記録スタート!

11、1
  (土)
 
AM9:00朝食後服用。PM8:00夕食後服用。
これから一人で何でもやっていかんとあかん。癌患者って孤独なもんやなあ。

職場復帰の準備(お見舞いのお返しやら・・・)でフラフラになった。5時間ほどずっと書き続けたので。でも、これからは甘くないやろな。声が聞こえてくるわ。聞かないことにする。ほっとこ。

夕食準備後ちょっと横になってから食事をした。腹痛は今のところ無し。ただし、服用後はお腹がはる。
抗がん剤服用
2日目

(書類上は今日から仕事復帰)

万歩計2000歩
 11,2 夜みぞおち(左)が痛く、口内炎が二個できていた。夕飯の途中しんどくなって横になる。
抗がん剤服用
3日目
 11,3 夕食後しんどくなって横になる。
抗がん剤服用
4日目
 11,4 職場復帰・・・やっぱりエネルギーのいる職場やね。(昼食後15分ほど休憩室で横になる。)今夜はよく眠れるやろ。

弱っているところは見せたくないけど、やっぱりこの間のオッソロしい世界は誰にも解らんやろな。外目でしか見ないもんねえ。ここの職場は暖かいのに、昼食時にわけもなく涙が出そうになった。帰りもう一つの職場にも寄った。痩せるのはイヤだったし、弱ってられへんヤんか。周りの人間がいやほど見える。見たくないな。・・・病院はイヤだけど、弱い立場同士で同じ土俵にいる。(医者と看護師などは別の土俵でいる。)そう言う意味で楽。当分しんどいな。
抗がん剤服用
5日目

職場復帰初日
 11,5

術後
 4ヶ月半
朝4時頃目がさめた。眠られず、6時頃からまた眠る。睡眠不足で昼食後睡魔がおそい、困った。やっぱり、夕食が食べにくくなりそうみたい。食中か食後、必ず横にならないとしんどくなる。視力が落ちたのか、いつもぼーっとしている。力も入らない。やっぱりポレポレ(スワヒリ語でゆっくり、のんびりという意味)人生になるんかなあ。目指しているだけなのに、それに、気持ち的にというだけなのに、ほんまになってしまうのはイヤやなあ。ショックや。

メールで主治医もしくはスタッフの外科医と月に一度でいいから質問に答えていただけると安心なんだけどなあ。そして、その特別料金が次回の診察に加算されるといいのになあ。未熟な臨床医の練習にもなると思うんだけど。甘いかなあ。外に出たら病院の名前がつくから難しいかも。
抗がん剤服用
6日目


 11,6 一日ずっと頭がぼーっとしていた。昼食後少し横になる。腋が冷えてるのかすごい状態だった。

昨日辺りから腰が痛く、今日は右の卵巣らしい部分も痛かった。椅子に座る仕事にもどった為かもしれないが。
抗がん剤服用
7日目

万歩計で4000歩
 11,7 復帰して一週間が経った。大事にされてちょっとまずい。やっぱり仕事にがんばらなくっちゃな。一番のネックは足腰。4ヶ月間ずっと家にひきこもっていたので、予想外に足腰が弱り、今日なんて息をすっても腰が痛く、お腹も痛い。ショックだった。冷えたのかなとも思ったが、きっと運動不足だ。今朝は起きるのも大変だった。
抗がん剤服用
8日目

万歩計で7000歩


 11,10
8日9日とすごい腰痛で生まれて初めて寝込んだ。寝ても起きても痛くて痛くて
便座になんて座ってられない・・・。どうなってんねん!!怖かったわァ!!
疲れか、はたまた、単なる筋肉痛か。・・・9日の夜に息子に腰痛の運動を教えてもらうと、歩けた!二日間のたうちまわったのに!!

しかし、今日の朝はもうすごい症状で痛くていたくて・・・でも、頑張って運動をした。病院に「行けない」とTELしようかなあと考えていたら、そこへ夫が病院まで車で送ってくれるという。死に物狂いで準備した。(近頃ほったらかし気味だったのでお断りしたらもうまたしばらくは声をかけてもらえないと思ったんだな)何とか車に乗れた。病院に着くと、売店で直貼りのシップを買って腰と肩に貼りまくった。これが良かったのか、
一日椅子にも座れたし、歩く事もできたし・・・信じられない!!

やっと、診察室へ。何せ夫の出勤と一緒に出かけたので、病院についたのが10:30.予約が3:30頃。まあ、診察の待ち時間は椅子にほとんど寝ていたけど。(おばちゃんはかもてへんわな。でも、かっこつけてもおられへんしね)

今後3ヶ月に一度の診察で再発や転移を見張ることができるのか等質問をした。
治療じゃなくて予防というのは、確かめるのが難しいとのことであった。なるほど・・・。歯科に行きたいので、OKをもらう。念の為、現状把握ということで採血をした。結果はTELで聞きなさいと言っていただけた。感謝。今後は、メールで質問ができたらいいな。50字までで5000円の診察料をとるとかさあ。だって、3ヶ月間もずーっと、ああじゃないか、こうじゃないかと悩み、厚い「バカの壁」を持った頭が混乱することは、間違いないもんね。しばらくの間、エンドキサンとフルツロンの二つを服用することに。6週間分の薬をもらった。

夫が会社から迎えに来てくれ、6時過ぎに、息子の行っている整形外科に行った。生まれつき背骨の一番下の骨が完成されてないらしい。今まで腰痛が無かったのがおかしいほどだそうだ。いつも言われているな、思い出すと。めったに外科なんて行かないから忘れていたけど・・・。
院内の外科に行っとけばよかったな。今度はそうする。だって私の背骨って変だもん。下半身の麻酔は大変って言ってたから、もしもの場合を考えて診て貰っておくほうがいいみたい。・・・どういう意味か聞いておけばよかったなあ。

帰宅は9時になった。・・・あきらめかけていた診察に行けたのは、夫(と息子)の愛の結果ということに・・・。今以上に大事にしなくっちゃバチ当たります。
19回目の診察日

薬代 21220円


次回の診察は
6週間後・・・それって順調に回復してるってこと!?


でも、何だか淋しいな!!


抗がん剤服用
9日目
朝は飲めず






 11,11
夜中3:04になっても眠られず。胸、腋、二の腕までがこの腰痛の二日間で右腕を使ったり、右足をつかったりで、大変なことになっている。先生に今の今触診をしてほしいほど。すっごいんだから。泣けてきて泣けてきて・・・もう私の身体はもうむちゃくちゃ。どうなっちゃうんだろう・・・。久々に睡眠薬を服用。だって暖めると良くなる腰に、出してくれたシップが冷たくて冷たくて・・・。はがして暖かくしてしまった。腰もやられちゃって、もう踏んだり蹴ったりや。

朝目覚めると腰がまたまたすごい痛み。禁止されている腰曲げ運動をする。何とかトイレへ。やっぱりおかしいんだ。やっぱり院内で診て貰うことにする。

この2日間で2,5kグラム減量。腰痛ってほんまにしんどい。このままではもっともっとしんどくなるそうだ。そういう背骨をもって生まれたらしい。あーーあ。何で今頃そんな事が発覚するんや。

4時ごろになるとぼーっとしてしまう。車の運転も怖い。腰も痛い。
抗がん剤服用
10日目

胸・腋・二の腕




11、12
   (水)
土、日に腰痛で身動きがでず寝込んでから、今朝初めてすっと起きられた。しかし、運転席に座るのがこれまた痛い。乗るのも降りるのも痛くてゆっくりしかできない。運転も腕がうまく動かないのでとんでもない話だ。

一方の職場に寄ってからもう一方の職場に行った。ずっと座ると痛く、立ったままだとしんどく、でも今日は横にもならず、6時30分まで頑張る。7時まで横になり、あと少し仕事をして帰る。

次男がかぼちゃの煮物と味噌汁を作り、ご飯も炊いておいてくれた。洗濯物も干しておいてくれたし、ほんとに感謝するばかりだ。かぼちゃも味噌汁もおいしくて涙がこぼれた。やっぱりもっと生きたいなと思う。夫にも生きててほしいなと思う。

帰ってしばらくすると職場からちゃんと無事に帰宅できたかの愛情コールが鳴った。本当に周りの人たちに支えられ、もったいないばかり。ええことを考えて生きていかんとあかんなあ・・・。早くみなさんの支えになれるようになりたい。ありがとう。

生きてるといいこといっぱいある。生きてるからこそ味わえる幸せ感。この喜びを大切に感謝して生きねば・・・。怒ったり、恨んだり、
無駄な時間は私には無いんや。やっと一つの事が解った。ただでさえ少なくなった時間を楽しく幸せに生きんとあかんのや。
抗がん剤服用
11日目




みんな、ありがとう!




 11,13
 31 「まともな人」 養老孟司  中公新書  
養老さんおもしろい。思わず笑っちゃう。これからは限られた命。肌の合う人とだけ接していき、心地よく生きたい。養老さんとしばらく付き合おうっと。

@シカゴにしばらく帰っているサンドラさん(彼女は弁護士)と早くレッスンをしたい。A天井裏のアトリエで早く絵が描きたい。(はしごがうまくかけられないのだ。バカ力が必要だし。)B除夜釜に今年こそは行きたい。C大学病院で司書のボランティアをしている芳枝さん(バイトで出会ったので30年来の友人)と何とか早く会いたい。D主治医に聞いて許可が出たら早くエルミタージュ美術館に行きたい。E甥っこが企業内留学している間にシカゴに行きてえ!F姉をイタリアに連れて行きたい。姉は年だしわては病気だし早く決行したい。(私は2回行ったけど、姉は初めてだから)G早くイギリスかアメリカでしばらく暮らしたい。Hエッセーを書きたい。Iほにゃららを・・・ヒミツ。J孫(女の子)が早くほしい。フリルのいっぱいついた服を縫ってあげるから。K小澤征爾の生指揮で早く聴きたい。L例のイタリアレストランに絵をかけてもらうまであと一歩。だってこの間やっと「絵は描いてますか」って聞かれたもんねえ。ふふふ。MないしょN未定

夢ってつきないもんねえ。考えてるだけで楽しくなるよね。

歯科に行く為に白血球の数を病院にTELして聞いたけど先生いなくて明日にした。(4時に来られるって言ってたけど・・・夕方ちょっとしんどかったから。)
でも、診察日は時間が足りないほどなので迷惑やなあ。・・・どうしよう。
 
抗がん剤服用
12日目




11,14
  (金)
昨日一昨日と帰宅が遅かったのでふらふらだった。家族にも「死ぬでえ」と言われ今日は休むことにしてたけど、朝6:50に目覚めてしまいやっぱり出勤した。周囲がばたばたと走りまわっているので、それだけで目が廻り休養室で横になってしまった。しんどかった。何にもしてないのに・・・。激務な職場を再確認するばかり。これからの職場での自分に全く自信がない。夫は「そりゃあ寝てばかりだったんだし、仕方ない。」と言う。同業じゃないのでこの職場のすさまじさは解らんやろなあ。一日をVDに撮って見せてあげたいほど。息子は同業の職場体験を先日したようなので、職場のすさまじさは解るみたい。

診察の時間をとってしまうことになるならどうしようと迷いながらも、2;30ぐらいに病院に半信半疑でTELした。
主治医の魔法にはいつも驚かされる。厚ーい壁を難なく通り抜けるという魔法。有難いことなんだけど、有難過ぎてうれしびっくり!?してしまう。歯科に行ってもいいという採血での結果を教えていただく。肝臓と中性脂肪の数値が高かったらしい。あの日はすっごく疲れた一週間のあけた月曜日。一週間の疲れとひどい腰痛で苦しんでいた日のあけた日。。数値も上がるような気もする。薬の影響かな。・・・驚きと嬉しさと感謝でちゃんとお礼が言えず・・・。先生いつも有難うございます。

病院の診察室という特別な空間(非日常)に居るはずの主治医が、職場という日常の空間に居るような錯覚というか事実が不思議な感覚だったし、信じられないことだった。今でも!?!?!?・・・。でも、仕事を持っている者には大変有難いこと。これをシステム化できたらいいのに・・・。料金化もしてほしい。最高の技術と医学的知識の安売りは医療側の励みにならなく、患者の治療などにも影響が出ると思うからね。そういう意味でもったいないことや。・・・でも、大きな病気をした者が誰でも思うことだけど
主治医は患者をほっとさせるありがたーい方。でも、緊張したこともあって後から嬉しい想いがわいてきた。ほんまやったんやぁーー!!   ・・・でも痩せんと・・・。

夕方家族を入院させた17年来の友人と会う。原因不明の大変な病気。4人の先生がついているらしく、完治はないという。まだ自分自身が病気ということのほうが気分的に楽。苦しく辛い彼女の心を察するに余りある。私も泣いてしまった。祈るしかない。

帰宅すると私の病院で医者をしていた方の奥方から手紙をいただく。少し重い内容。人生は悩ましいもの。

何やら私のかかっている病院との縁が深まるばかり。これも意味があるのでしょう。
抗がん剤服用
13日目


職場復帰2週終了



私の主治医はやっぱり魔法を持っていた



ほんまやったんやぁ!!










悩ましい人生


11,15
   (土)
私の行きつけの美容院にかつらのことを相談。職場にはスキンヘッドでいいけど、通院など例えばスーツでスキンではさすが考えちゃう。それに、私はまた生えてくるけど、もうスキンヘッドのままの病気の者もいる一方の職場もあるので考えを変えることにした。静脈注射の抗がん剤投与では2週間ぐらいで頭髪が抜ける者は抜けるらしいが、経口の抗がん剤服用者は1ヶ月ぐらいで副作用が表れる者は表れるらしい。そこで前もって準備しておくことにした。また、月曜日からイメージチェンジするのも気配りだなとか考えている。あるかつら店で見た6万円という値段は標準らしく、ぴんからきりまであるらしい。今夕美容院に見にいくことにした。

かつらは重さで値段がちがい、フィットの具合でも値段がちがってくるそうだ。
軽くてフィットすればするほど高価ということでしたが、今後のおしゃれという意味でも買っちゃおうと思う。人生楽しまなくては・・・。

今は出勤するだけでもしんどいし、もういろんな意味で今日は涙が出てくる。

今朝息子がスーツで出かけた。本当に後4ヵ月後に社会人になるんやなあ、もうこの家を出て行くんやなあと思うと淋しいかぎりや。世界にはばたいてほしいとずっと念願していたし、かなりそれに近い状況になってきているんだけど・・・・・病気になんてなるんじゃなかった。でも彼には思いっきりはばたいてほしい。彼の人生は彼のものだから。

腰痛で歩かない方がいいと言われていたけど、家の周りを3000歩と美容院に行く途中でケーキ屋さんに寄ったとき1000歩の合計4000歩を歩く。腰痛が出てきた。やばい。
かつら

















4000歩

11,16
  (日)
やっぱり右側の腰痛がきつくなった。完治してない。憂鬱。

 32 「女の一生」 モーパッサン   新潮文庫
人間各自の精神的存在は、永久に一生孤独である・・・決して魂までは、心の奥底まではたがいにはいりこめない・・・同感やな。そういう意味で自由なんだけどね。妄想、夢想・・・今でも私は真っ只中にいる。最近よく今までの人生って何だったんかなとか、この先何が変わるんやろとか考えることがある。人間じゃなく女というところに意味があるんやな。

12月22日の診察日まで持たへん!私の身体の中が今どうなってんのか不安。腰痛もあるしなあ。・・・多分過食が原因だと思うけど(養老さんの本によると)。昨夜からいつものように右の方に頭痛がおき、今も痛い。頭髪が抜ける時痛いって乳癌になった方がニュースで言ってたけど・・・。昨夜頭髪を引っ張っていたらいっぱい抜けた。そろそろなんかな。TELでも聞きたかったけど、診察でないし皆さんの時間をとってもだめだし、歯科に行けるかどうかの確認だけでTELを切ったんだけどね(当然ですが)。何か怖い。この先何が起きるのか・・・病気の情報は主治医が一番多くお持ちだ。先生には見えていることが沢山あるはず。それが知りたい。今の状況が今後にどうつながるのか・・・今の最善策は何か・・・。情緒不安定になってしまいそう。

 
33 「病院なんか嫌いだー《良医》にめぐりあうための10か条ー」鎌田實
これからの医療にやっぱり関心を持ってしまう。NHKの永六輔さんの番組を癌になる前に見ていたのでついつい鎌田さんの本を買ってしまった。見えてもいるし改善の必要が解ってもいるけど、うまく機能しないんだなあ。命に関わることなのに・・・。
腰痛と過食

11,17
  (月)
振り返るとこの2週間は職場に行くだけがやっとであった。よく職場でガマンしていただいたと感謝するばかり。しんどかった、ほんとに。もう仕事を続ける自信も無くしそうだった。

今日は何とか仕事になった気がする。気持ちも仕事に向き合っている。顔はとても疲れている様子だけど、気持ちはハイである。きっと金曜日の先生と電話で白血球のことをしゃべったことも原因していると思う。
先生に何だか励まされた気がする。歯科には行きそびれたが、明日7時に行くTELを入れた。

職場で
骨密度などを調べてくれた。動性同年齢の人に比べて116,5%で今のところはしっかりした骨らしい。しかし、体脂肪率がやっぱり36,8%。何とか間食を無くし過食にならないように夕食後を工夫することにする。めあては次回の診察まで頑張ってみることにした。ゆっくり早めに入浴しピアノを弾く。

近くの大学の先生から夕食のお誘いがあった。アメリカで紙芝居を普及しようと活動をしているので、それに参加している朗読の上手な方が来られるらしい。今度の土曜日に市立図書館でも紙芝居の活動をされるらしく、私も行くことにしていたんだけど、その前に会えるなんて・・・嬉しい!!ゆくゆくは息子の薦めもあって絵本をつくりたいなと思っているので刺激になるよ。久し振りの嬉しくて楽しみな時間だ。あーー、生きてて良かった!!
やっと仕事になった


5000歩

夕食5時以降
夫に付き合って8時頃味噌汁1杯付き合うのみ

11,18
   (火)
やっとやっと歯科で前歯の虫歯治療をしてもらう。まだあるのでボチボチしてもらうことにした。でもいきなり麻酔をしますと言われ怖かった。「痛いのかなあ。何するのかなあ」と言うと「麻酔無しでしますか?もっと痛いですよ」だって。「いえいえ何でもどーぞ。信頼してますので・・」と返した。言わんとこと思っても言っちゃうんだなあ。だっていきなりやもん。一年も前にした治療方法を忘れてしまったよ。怖かったわァ。何されるんやろうとどっきんどっきんした。

脂肪が沢山の身体になっているので職場の同僚が石垣島の「もろみ酢」を持ってきてくれた。おいしい。酢は大好きで何にでもスダチをかけて食べるし、スダチが無いときは酢をたらして食してきました。おいしいわあ。・・・さあ、数値は落とせるかな。

同僚の妹さんが
リンパの癌になって余命一ヶ月と言われたのに復活しているらしい。子どもも3年生と小さかった事もあって地域の市民病院を離れず、大きな検査はわたしのかかっている大学病院でしてもらい、新薬などの紹介も大学病院でしてもらったりして、またその薬が合ったらしい。先日読んだ「良医」に巡りあったと思う。地域の病院は患者にとっては家族の顔がいつでも見られる安らぎの場。最高の技術と最高の知識をもった大学病院は患者にとっては不安を無くすもの。この両者が連携をしていくことは、こんなにも患者の命を助けるものなのかと、鎌田さんの言っておられることがよく解ったし、現実に理想とする医療があるのが嬉しい。
虫歯治療


5000歩

夕食6:30
歯科に行き間食はナッシング




開かれた医療
やさしい医療
あたたかな医療
つながる医療

11,20
  (木)
 34 「ともだち ねむの木 そして私その3」宮城 まり子 集英社
小さい頃姉に連れられて宮城さんのリサイタルに行ったことがある。(労音)彼女が吉行淳之介と暮らしていたのもステキだなと思っていた。埴輪館の横に図書館があって宮城さんの本を少し読んだんだけど続きが読みたいとその本をさがしている。でも未だ見つからない。明後日図書館に行くので探そうと思う。彼女は誰にも出来ない事をしている。病状とか今の私に近い状況もあって鼻をかみかみ読んだ。彼女の想いがよく伝わった。彼らに出逢ってしまった、彼らの生きようとしている目を見てしまった純粋なまり子さんというのがとてもよく解る。独りではできない大きなことを独りで頑張っているしんどさと子ども達から受ける大きな大きな感動との間のすごい揺れ幅の中でおおきな仕事に着手しているんですね。淳之介さんが亡くなって、どうされているのでしょうか。淋しがり屋のまり子さんが心配です。

夕刊に医療ミスか?とのニュースが載っていた。亡くなられた方は63歳でお若いし、執刀医も43歳でまだまだ多くの命を救えるはず。医療は命がかかっているので難しいことです。両者の想いやら立場が私なりに解り、つらいです。経験豊富な専門医がどうしてミスらしきことに至ったのか、労働状況も含めて検証できるといいですね。(でも、今後も無くならないのではないかとみんな心では思っているんじゃないかな。)しかし、私は病気の素人。専門医に診てもらわないことには人生を歩いていけません。しばらくは職場としてはしんどいでしょうね。患者としては「頑張ってわたしは診てね」という心境や。病院が開けているという証拠だと思うけどな。
 

Dさんのお宅に寄せてもらう。ちょっと早めのサンクスギビング。東京から来られた
紙芝居の活動をされている方とご一緒に。久々の会食で楽しかった。夢っていいな。Dさんのアメリカでの紙芝居の普及活動が産経新聞にも載ったらしくコピーもいただく。みんな生き生きしてていいな。宮城さんじゃないけど子どもの生きた目を見てしまった者、子どもの輝く魂に触れてしまった者の純な心根がいい。私も輝きたい。夢を追いかけたい。・・・しかし、疲れた。
宮城まり子


経口抗がん剤服用19日目


5000歩



医療ミス!?







ちょっと早目のサンクスギビング


11,21
   (金)
罹患後のライフスタイルが何となく解ってきたかな。でも、まだまだいくらも力は発揮できていない。そこがどの程度まで回復できるのか未知数。

仕事を辞めてゆっくりしろって夫は絶対言わない。「お前から仕事をとったらボケてしまうに決まってる」だって。そうかなあ。したい事いっぱいあるのにな。全然解ってない。
癌との共生共存

5000歩

11,22
  (土)
35 「いのちに限りが見えたとき夫と癌を生きて」星野周子 サイマル出版社
カリフォルニア大学の教授で渡米生活20年、悪性脳腫瘍の成長解析では世界の第一人者という夫を持った方の看病記。約15年余りも前のこと。私と同じ5FUという抗がん剤も投与していたし、進行性の癌のすさまじさや亡くなるまで意識があることの人間としての業を感じてしまった。彼のプライドなどはよく解った。以前、脳外科医が脳の悪性の癌になった闘病記を読んだ事があるが、癌の容赦の無い(無差別)猛威を痛感し、病気や死はどんなヒトにもやって来るもんで、それまで患者に抗がん剤を投与していた側のものが、抗がん剤に辟易としているのも、何ともはや言いようの無い事だった。ただ、こんなにプライドのある方だから、末期の失禁などの場面は気の毒でした。進行癌の様子は知りたいけど、彼の親に亡くなる直前まで隠していたほどのスタイリストがここまで自分を描かれるとは・・・この奥さんは夫のどこまでを理解していたのか・・・。彼の医学界での実績だけで充分なのに・・・。患者の著書も多いし・・・、こんな姿を世間に知らせる必要はなかったんじゃないかなと思う。まあ、でも書かずにはおられないものがあったのでしょうね。ヒトの心は推し量れないものだから・・・。

図書館で検索して宮城まり子さんの捜していた本を見つけた!!来週読めるみたい。うれしい。

図書館に行ったのは紙芝居を見に行ったから。先週の木曜日にDさん宅でちょっと早目のサンクスギビングをしてお二人の紙芝居日本第一人者を歓迎したのだけど、そのお二人の
右手(うて)和子さんと荒木文子さんの公演が図書館であったので行ったんだ。ものすごくおもしろくて大人の私が大笑い。子ども達も素直に反応しその無邪気な子ども達の反応にたいするお二人のリアクションがとってもゆったりしていてめちゃくちゃ良かった。いい時間だった。荒木さんは自分で紙芝居を作ったり、外国の作品を訳したり、ニューヨークの小学校で紙芝居をしたり・・・おもしろい活躍をしているんだよね。(Dさん宅でのお食事会での話から)
やっとできた図書館の利用









日本の紙芝居第一人者の公演

11,24
  (月)
11,23、(日)は午後に夫を車に乗せて、京田辺市の普賢寺地域を巡る。高船の神社と打田の神社。京田辺市の軽井沢やね。でも、ちょっと喫茶店に寄ろうと走ったが、しゃれた喫茶もなく帰宅。つまらなかった。夫は郷土史に凝っているので楽しそうだったけどさ。

同僚が石垣島の黒酢を家まで持ってきてくれた。有難い事や、ほんま。罹患後は、ヒトの親切が身にしみる。

今日も午後から息子と
京大の学園祭に出かける。文芸春秋などに就職しそうな連れを紹介してくれるということだったけど、しんどいので帰った。息子と別れた5分後にみんな集まったらしい・・・。また会えるやろ。さて、模擬店をうろうろしていると私の好きな手相をしていたので二人にみてもらう。おもしろかった。若い女性の手じゃなくてもいいのかと確認してからみてもらったけどさ。その後数学者の秋山仁さんの講演をちょっとだけ聞いた。「才能は努力の後からついてくる」って、その証拠として音楽はダメだったという秋山さんが努力をして獲得したアコーディオンの演奏を聴かせてくれた。私もあのアコ−ディオンを一度弾いてみたかったので、すごいなと思った。また、あることが目的で私も習ったことがないピアノ演奏を独学で弾き披露したことがあるので考えが似てると思った。エリートできた京大生に「今後は多難でありますように」という意味は解らんやろ。意味は解っても、今後の多難が自分をほんまもんにしてくれると理解できるまでは何年もかかるやろね。今日の秋山さんの講演を聞いた学生は10年は努力してくれることでしょう。

薄着で出かけたので、出町柳のコンビニで温熱シップを買った。こういう時は便利や。腰痛後、胸まで痛くなっているので今日は気が紛れて良かった。
京大の学園祭

11,25
  (火)
昨夜眠れず、朝寝坊してしまう。今までならさっさと支度ができていたのに、薬を飲まなくてはならないのでさっさとできず、もちろん右手も機能的にうまく動かず時間がかかる。情けない。夕方も蔵から米を息子も腰痛なのに無理して出してくれていたので、精米をしに行こうとはかりをだそうとして、転んでしまった。涙が出た。もうイヤや。・・・しっかりせんと、老化の一途をたどるばかりや。気をひきしめていきたい。あーーあ、それにしても情けない!!

病院に行ってもどうにもならないし、この傷み!?と独りで闘わないとあかんのがつらい。冷えたんかなあ。

 
36 「淳之介さんのこと」 宮城まり子  文芸春秋
やっと読めた本。図書館に夕方行って夕飯を作りながらずっと読んで今11:45だ。ステキだなと思っていた。ずっと知らなくて亡くなる数年前に知った。愛するということは厳しいものがある。でも幸せやな、この二人は。まり子さんは幸せだと思う。こういう才能を持ったヒトっていい。その才能を生かしたまり子さんはすごい。これもいい人生や。ねむの木学園の意味がよく解る。それにしてもまり子さんの人生もすごいね。ただ者じゃないわ。
寒さの精か腋がすごい!!

11,26
   (月)
ネットで朝日新聞を見ていると乳癌について書いてあった。日本乳癌学会のHPで乳癌専門医の名前が載っていた。手術を100例以上の経験がないと認定されないようだ。私の乳癌を告知してくれたのは認定医で40例以上の経験者(40代)。手術をしてくれたのは専門医認定者でした(50代)。でも、確か私の主治医は200例とか2000例とか何とか言ってたなあ・・・。ど忘れしちゃったよ。また、確かめておこうっと。学会の内容がとっても興味のあるものだった。自分のことが知りたいから興味あるよね。また、探しているとみつかると思うからアンテナをはっておくことにする。

気のせいか毛髪が少なくなったような気がする。毛髪は多いほうなので地肌が見えると、ドキッとする。夜中の零時だけど、ヘナ(草木染めみたいなもの)で染めることにした。
抗がん剤服用
25日目


日本乳癌学会専門医認定者


11,29
  (土)
 

術後
 5ヶ月

抗がん剤 服用
  1ヶ月
久々に右足のこぶらがえりが午前中寝ているとき起きた。午後左足にもおきた。癌てわかる前、右足にきつめのものがよく起きていたが、ずっと無くなりホッとしていたのに、がっかり。最近は徒歩の運動もけっこうしているのに、何でやろな。またどこか異変が起きているのかな。左乳も痛かったし・・・。12月22日の診察まで何もありませんように・・・。でも、その日まで精神が持たない気がする。

先日転んで右手をついてからも胸と腋が痛いもんねえ。先生の顔ばっかり目に浮かぶもんねえ。本を読むと放射線で症状が悪くなることもあるって聖マリアンナ医科大学病院の先生が本で書いてたけどさあ。放射線照射からすごい症状になったのはホントやもんねえ。外科手術でそこらの細胞が傷つくって、進行性胃がんになって手術を受けた脳外科の医師の話も本で読んだけどさあ。・・・やっぱり、先生に聞いてもらうのが一番。診察日までもちまへん。カウンセリングが患者には必要。3分一本勝負はあかんわ。先生の顔を浮かべると涙出そうになった。誰も解ってくれないもん。胸と腋が前より変やねん!!

リハビリが少ないこともあって、以前出来ていた運動がうまくいかず焦っている。ショックや!!ちょっとうっかりしていると、筋肉がもう言う事をきいてくれない。痛いんだよなあ、これが。でも、やるっきゃねえな。くっそおー!泣いたり叫んだり・・・。先生が腋の違和感は治るって言ってくれているから、夜中になんて先生を呼びながらでもマッサージすることもある。まあ、独り言が多くなったわさ。気味悪い感じだけど、言葉に出さないと吐けない性格だし・・・。泣きながら「せんせい治るって言ったヤん!」「何でこんなになってんねん!」等と夜中にでも叫びながらやってます。眠れないときもあるしね。突っ張って痛い時もあるんだ。・・・どないかしてくれーー!!


職場復帰から何とか一ヶ月経過した。やっと癌との共生共存の生活に慣れかけているかな。でも、まだまだ無理がきかず困っている。右手をかばうし、走るのもひかえてしまうし、重いものは持てないし、・・・もうええねん。・・・。仕事をするということや生きるということは、無理しないではいられない厳しさがあるものや。そのバランスの取り方がまだ解らないだけや。

副作用は今のところ目に見えない。
こぶらがえり








診察日までもちまへん




リハビリ不足!







生活(含仕事)と病気のバランス

『わたしは風にのって ポレポレ乳がん闘病記』
  田村 まり子著/出版:文理閣/発行年月:2006.8/
        税込価格:\1,575 (本体:1,500)

わたしは風にのって ポレポレ乳がん闘病記

   内容説明
「ポレポレ」とはスワヒリ語で「ゆっくり、のんびり」という意味。どこまで、走れるか、歩けるか…。『京都新聞』連載の闘病記「乳がんつれづれ」「続 乳がんつれづれ」をまとめる。
1 おっぱいちゃん残った(あれっ!右わきにシコリが…;お洗濯はリハビリだ;乳がんのお引っ越し?)
2 お喋り闘病記(二男のアサリ汁;今こそ!妻の務め;パステル色の春;1リットルの点滴セット

《京都新聞2006.9.5記事から》
  乳がん闘病記、田村さんが自費出版
 乳がん患者からみた日常を京都新聞朝刊(毎週火曜日)に連載している田村まり子さん(57)筆名が、闘病記「わたしは風にのって」を自費出版した。
 生死のふちをさまよいながら前向きに生きる姿が読者の共感を呼んでおり、本を通して、病気と闘う人やその家族に元気を与えてくれそうだ。
 田村さんは京都府南部に在住、54歳だった2003年6月乳がんが見つかり京都市内の病院で乳房温存手術を受けたが、リンパ節への転移が分かり、放射線や抗癌剤による治療を続けてきた。その後、骨や皮膚、肝臓、肺にも転移ガンが広がり、現在は未承認薬の治療に望みを託している。
本には、新聞掲載されたイラストも添えている。
 田村さんは、「大きなことはできないけれど、出版を通して、病気と闘う人達のお役に立ちたかった」と話している。 本のお問い合わせは、文理閣075−351−7553。

■ネットでお求めになれます
【楽天ブックス】出版社名:文理閣 の検索結果:本/オンライン書店
http://item.rakuten.co.jp/book/4120985/
Yahoo!ブックス - 本日発売の新刊
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31764834
紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981125652
ジュンク堂書店 文理閣
http://www.junkudo.co.jp/view2.jsp?VIEW=publisher&ARGS=%95%B6%97%9D%8At
喜久屋書店 文理閣
http://www.kikuyashoten.co.jp/view.jsp?VIEW=publisher&ARGS=%95%B6%97%9D%8At
グーグル Google
Googlehttp://www.google.co.jp/search?q=%E6%96%87%E7%90%86%E9%96%A3


  抗がん剤その2へ 抗がん剤その3へ   リハビリ  転移その1   放射線科へ  乳癌へ       トップ アイコンHPトップ 乳癌topへ  


  ここに掲載の写真および記事の無断転載を禁じます。rk
  
copyright(C) 2000 R KAll rights reserved.