私の美術館巡り   a tour of Art museum

日本の美術館           更新 2001.2.6

■京都市美術館・京都教職員美術展■
京都の学校に勤務する教職員の作品を集めた、絵画、写真、彫刻、工芸、書など、計300点
が展示されます。無料。
期間/2月6日〜11日 開館/9:00〜16:30
 ●アクセス:市バス/京都会館・美術館前 

■樂美術館・「樂歴代−春の節会−」展■
 お雛様達がお目見え。そんな春の節会にちなんだ道具が
上京区の樂美術館で展示されています。桃山時代から400年、京都で茶の湯の
茶碗を作り続けてきた陶工・樂家。その歴代の作品から節句にちなんだ作品が
、日頃めったにお目にかかれない秘蔵の品も含めて数多く展観されます。
道具を通じて、季節への優しさや心配りを感じてみてはいかが?
  期間/〜4月15日   休館/月曜  有料
  ●樂美術館/京都市上京区油小路通中立売上ル 

◆2月7日(月)◆
 
 ■京都市美術館・嵯峨美術短大卒業制作展■
嵯峨美術短期大学の学生の卒業・終了・進級制作、約700点が展示されます。この中か
らどんなアーティストさんが出てくるのでしょう。みずみずしい感覚に触れてみたいですね。
        期間/2月7日〜11日
       時間/9:00〜16:30

  京都市美術館   

    第25回京都教職員美術展

  開催期間 2000年2月1日(火)〜2月6日(日)
  時間    午前9:00〜 午後5:00
  場所    京都市美術館
  主催  京都府教職員互助組合
  後援  公立学校共済組合京都支部
      京都市教職員互助組合
   事務局 〒606-8397 京都府教職員互助組合
              075-771-6188


第23回京都教職員美術展 出品作品

 小泉りょう子


   

         闘う女神

第25回「京都教職員美術展作品 絵画 小泉りょう子」


大和文華館

元近鉄社長のコレクションであるが、毎日の生活に豊かさを与えてくれるいい物が並んでいる。たたずまいも良く,庭園もいい。私の家からは行きやすく、癒されている。国宝、重要文化財等に指定されている名品も多く、小さな規模とはいえ美しい自然もあり、グーなスポットとなっている。

京都文化博物館

レンガの建物がロマンチックです。興味の持てる企画も多く、地下鉄でも行きやすくなりました。

相国寺承天閣美術館

相国寺での紫陽花茶会に行った時、初めて知りました。京都の歴史を感じます。

村美術館

南禅寺に近い本館も、茶道に関わる者にとっては研鑽の場として大変良く、お抹茶もいただけるスペースがある。

アサヒビール大山崎山荘美術館

1996年4月にオープン。民芸派の作品が展示されている昭和初期の英国風建物とモネの睡蓮が展示されている現代を風靡している安藤忠雄の建物がつながって建っている。駅の横に駐車して(JR山崎駅)坂道を山荘入り口まで登って行くのもけっこう楽しい。また、喫茶のコーヒーもおいしい。

萬野美術館

御堂筋のビルの上階にある、不思議な静けさを持った空間と名品の展示が圧巻である。一度行くとずっと案内が届く。

神戸博物館

ここはおいしいスポットである。田舎者にとってはオシャレな神戸に行けるのですから。特に私の住んでいる所からはJR東西線ですぐ行ける。先日のエジプト展も良かった。券を持っていたので並ばなくてすぐ入場できたし、夫とは館内でバラバラで勝手に観たので、ゆっくりマイペースで巡ることができた。

根津美術館

東京に出張したとき地下鉄でブラブラと捜し歩いていきました。行きたい、行きたいと思っていたので行っただけで感動してしまった。酒器の展示でしたが、尾形光琳の絵葉書を買ったり喫茶に入ったり、はしゃいでしまいました。とっても東京とは思えない静寂な中で。


   「私の美術館巡り」フランス 世界遺産」へ 


感想・御意見・御希望は、メールにて、是非お願いします!
E-Mai l 
  ここに掲載の写真および記事の無断転載を禁じます。
  copyright(C) 1999 Ryouko Koizumi. All rights reserved.