ドキュメント乳癌・・・・・ 現在の日にちです。
ドキュメント乳癌(乳がん)最新緊急!! 2014.8.7
A.抗ガン剤医療

船瀬俊介氏『抗がん剤で殺される?薬は毒?』
 2014.8.7
抗がん剤で早死にし殺されていたのだと思うと悔やんでも悔やみ切れません


■抗がん剤・放射線で早死にさせている!?
    NHK教育TVは癌に抗ガン剤・放射線を進めていた!!
 
    NHK教育TVの癌放送を信じていました。
    NHK教育TVで早死にしてしまいました。
 2014.7.30
 親戚及び近親者を癌で亡くしました。抗がん剤・放射線投与し全く効きませんでした。
しかしガン細胞は一時的に消えましたが、他の臓器も消えていたようで、その後まもなく
特に痛みなど無かったのですから、半日ドックで乳ガン検診さえしていなかったら、たとえ
乳ガンであっても、知らずに生活をしていれば自然に消えたかもしれないし、もっともっと
長生きしていたと思います。
 船瀬さんのお話をもう少し「早く聞いていれば」と悔やんでます。
 15年前頃にはNHKの教育テレビで、癌には「抗ガン剤」と「放射線」の二つがあると連日
医者が出演して放送していたので信じていました。NHKに早死にさせられてしまいました。
 船瀬さん、これからも医療マフィアと闘ってください応援してます。今の医療は間違っている
と思いました。
 半日ドックの癌検診で見つかる癌は「がんもどき」なのに患者にすぐ手術して抗ガン剤を
投与し、放射線を照射して早死にさせているように思います。
 私の知人も近親者も多くが、手術して、抗がん剤して早死にして殺されていたのだと思うと
悔やんでも悔やみ切れません。船瀬さん宇野さん、コシミズさんらの話は、本当だと思います。


癌ビジネス
  https://www.youtube.com/watch?v=2kVyVklxXM4
抗ガン剤で殺される 船瀬俊介氏 証拠証言集42
  https://www.youtube.com/watch?v=dG8Ow7K4Mas
船瀬俊介氏『抗がん剤で殺される?薬って毒なの?』ダイジェスト版
  https://www.youtube.com/watch?v=sDoLCJWf1Vc
地球維新 vol.1 ベンジャミン・フルフォード No.1
  https://www.youtube.com/watch?v=aRJ02-2Vw9c
「メタボの暴走」船瀬俊介氏 ワールド・フォーラム2008年6月
  
https://www.youtube.com/watch?v=p2QN3_NXlTs



以下は2003年に書いた物です。

乳がん転移(骨・皮膚・肝臓転移)した人が読む本
乳がんの患者、家族、医療関係者にお薦めの本

現在私の妻が乳がん末期で闘病生活をしています。昨年の春にアバスチンという「未承認薬」と通常の抗ガン剤を投与して頂いて生き返りました。縁あって、このほど『乳がんの歩きかた 余命を生きる50の物語』を文理閣から出ることになりました。乳がん患者の何かのお役になれば幸いです。
――――――――――――――――
新刊本
患者、家族、医療関係者に「人生の質」を考えさせる明るい闘病記
『乳がんの歩きかた 余命を生きる50の物語』

  田村まり子・二松啓紀著/出版:文理閣/発行年月:2007.8.20刊
   [B6 判] NDC分類:916 販売価:\1,575(税込) (本体価:\1,500)
                ISBN 978-4-89259-554-7
  日本女性の20人に1人乳がんの時代
  乳がん患者の夫や恋人に読んで欲しい一冊


   内容説明
 ごくふつうの一人の女性が末期乳がん診断を受けて4年…大学病院から民間病院へ、 未承認薬がくれた新しい人生は、通院治療、家事復帰、ショッピングや夫婦旅行、初孫の誕生へと続いていく。

『京都新聞』好評連載闘病記
本書は、京都新聞にリアルタイムで連載された「乳がんつれづれ」「続 乳がんつれづれ」に医療監修を加え、全面的に加筆修正した物です。
「乳がん入門(発見・手術・抗ガン剤治療へ)」「転移(骨・皮膚・肝臓転移)」「夫の病」「未承認薬で買う命(大學病院から民間病院へ)「余命の生きかた考え方」をテーマに、50のお話しが、読みやすく綴られています。各話には、ほのぼのとしたカットが添えられています。

1 乳がん入門―発見・手術・抗がん剤治療へ(乳がん発見;インフォームドコンセント ほか)
2 転移―骨・皮膚・肝臓転移(骨転移;分子標的治療薬 ほか)
3 夫の病(夫のがん;妻の勤め ほか)
4 未承認薬で買う命―大学病院から民間病院へ(民間病院への転院;未承認薬 ほか)
5 余命の生きかた考えかた(通院治療の再開;生も死も ほか)

田村まり子[タムラマリコ]
 1949年4月徳島県に生まれる。都留文科大学文学部初等教育科卒業後、徳島県下の小・中学校をふりだしに教員生活。その後、京都府下の小学校教員となり、現在に至る
二松啓紀[フタマツヒロキ]
 1969年8月京都府に生まれる。同志社大学大学院修了(社会福祉学専攻)。1994年京都新聞社に入社。社会報道部をへて現在文化報道部記者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
本のお問い合わせは、文理閣 TEL 075−351−7553 FAX 075-351-7560

マスコミ関係の掲載記事

高知新聞   (2007年8月記事掲載))
  「からだライブラリー」欄 新刊本「乳がんの歩きかた−余命を生きる50の物語−」
   人生決めるのは自分… 癌に苦しむ人達へのメッセージを込めた本…。
【内容】 4年にわたる闘病生活が始まり大學病院から民間病院へ未承認薬を…。
 
徳島新聞   (2007.8.23記事掲載)
   暮らし欄 「乳がんの歩きかた−余命を生きる50の物語−」
    自らの闘病生活つづる 徳島市板野郡板野町出身 田村さんが単行本
【内容】 自らの末期癌生活をつづった「乳がんの歩きかた」−余命を生きる50の物語−を出版した。

山陽新聞   (2007.8.27記事掲載)
   ホームライブラリー欄 「乳がんの歩きかた−余命を生きる50の物語−」
    たくましい生き方聞き書きで
【内容】「がん宣告」「今」を前向きに楽しむ明るさと。人生をいかに生きるかという思い…。

福井新聞   (2007.8.26記事掲載)
   新書・読書欄 「乳がんの歩きかた−余命を生きる50の物語−」
【内容】 死の恐怖におびえ、医療への不満をぶつけながらも…。

神戸新聞   (2007.9.4記事掲載)
   住まい欄 「乳がんの歩きかた−余命を生きる50の物語−」
    等身大で描く乳がん闘病記 京都の教諭出版
    残された時間 有意義に
【内容】 03年に乳がんと診断されて手術し肝臓や骨、肺に転移。同じ病気と闘う人の参考に…。

■上記の他に、京都新聞、中国新聞、山陰中央新報、福島民友新聞でも記事掲載されました。


ネットでお求めになれます
■ネットでお求めになれます
【楽天ブックス】出版社名:文理閣 の検索結果:本/オンライン書店
 http://item.rakuten.co.jp/book/4493228/
Yahoo!ブックス - 新刊
 http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31933225
紀伊國屋書店BookWeb
 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%93%FB%82%AA%82%F1%82%CC%95%E0%82%AB%82%A9%82%BD
ジュンク堂書店

 http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0108121915
セブンイレブン、セブンアンドワイ書店 出版社[文理閣]
 http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31933225
オンライン書店 ビーケーワン
 http://www.bk1.jp/product/02909356
アマゾン、CO、JP
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4892595543/maname-22/

乳がんの歩きかた余命を生きる50の物語 文理閣
        田村まり子・二松啓紀
京都新聞連載「乳がんつれづれ」「続乳がんつれづれ」、全面加筆修正、医療監修補足で単行本に!
4年前、小さなしこりで発見した乳がんが、骨、皮膚、肝臓とつぎつぎ転移し、末期症状。大学病院から「ホスピス行き」をすすめられ
「もうダメかも…」と諦めかけた。しかし、民間病院で未承認薬と出会い、在宅で日常を取り戻せるまでに回復した。今、台所にたち、
ショッピングに出掛け、旅行を楽しみ、初孫の成長に目を細める。一人の女性の闘病を通して、がん患者や家族が、生きる勇気と喜
びを実感できる明るい闘病記。

四六判 201ページ 本体価格 1,500円 2007年8月刊 http://www.bunrikaku.com/


『わたしは風にのって ポレポレ乳がん闘病記』
  田村 まり子著/出版:文理閣/発行年月:2006.8/
        税込価格:\1,575 (本体:1,500)

   内容説明
「ポレポレ」とはスワヒリ語で「ゆっくり、のんびり」という意味。どこまで、走れるか、歩けるか…。『京都新聞』連載の闘病記「乳がんつれづれ」「続 乳がんつれづれ」をまとめる。
1 おっぱいちゃん残った(あれっ!右わきにシコリが…;お洗濯はリハビリだ;乳がんのお引っ越し?)
2 お喋り闘病記(二男のアサリ汁;今こそ!妻の務め;パステル色の春;1リットルの点滴セット

《京都新聞2006.9.5記事から》
  乳がん闘病記、田村さんが自費出版
 乳がん患者からみた日常を京都新聞朝刊(毎週火曜日)に連載している田村まり子さん(57)筆名が、闘病記「わたしは風にのって」を自費出版した。
 生死のふちをさまよいながら前向きに生きる姿が読者の共感を呼んでおり、本を通して、病気と闘う人やその家族に元気を与えてくれそうだ。
 田村さんは京都府南部に在住、54歳だった2003年6月乳がんが見つかり京都市内の病院で乳房温存手術を受けたが、リンパ節への転移が分かり、放射線や抗癌剤による治療を続けてきた。その後、骨や皮膚、肝臓、肺にも転移ガンが広がり、現在は未承認薬の治療に望みを託している。
本には、新聞掲載されたイラストも添えている。
 田村さんは、「大きなことはできないけれど、出版を通して、病気と闘う人達のお役に立ちたかった」と話している。 本のお問い合わせは、文理閣075−351−7553。

■ネットでお求めになれます
【楽天ブックス】出版社名:文理閣 の検索結果:本/オンライン書店
http://item.rakuten.co.jp/book/4120985/
Yahoo!ブックス - 本日発売の新刊
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31764834
紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9981125652
ジュンク堂書店 文理閣
http://www.junkudo.co.jp/view2.jsp?VIEW=publisher&ARGS=%95%B6%97%9D%8At
グーグル Google
Googlehttp://www.google.co.jp/search?q=%E6%96%87%E7%90%86%E9%96%A3


        ここに掲載の写真および記事の無断転載を禁じます。
         
copyright(C) 1999  yk. All rights reserved.